邦画

映画『22年目の告白-私が殺人犯です-』を配信している動画配信サービス(ビデオ・オン・デマンド)

投稿日:

映画『22年目の告白-私が殺人犯です-』は2017年に公開された邦画です。

もともと2012年に韓国で公開された映画『殺人の告白』を入江悠監督、平田研也脚本でリメイクした作品です。

単なるリメイクではなく日本向けに大きな脚色が加えられ、韓国版がアクション主体のサスペンスだったのに対して本作では本格的社会派ミステリーに仕上がっています。

そして出演者も実力派が揃っており、特に藤原竜也さんと伊藤英明さんの初共演も話題となりました。

『22年目の告白-私が殺人犯です-』を配信している動画配信サービス(ビデオ・オン・デマンド)一覧

『22年目の告白-私が殺人犯です-』を鑑賞できる動画配信サービスの一覧です。

hulu、U-NEXT、dTV、FOD、Paravi、ビデオマーケット(VM)、Amazonプライム・ビデオ、Netflixそれぞれ動画視聴可能なものに印をつけてあります。

◎は見放題、〇はPPV(ペイ・パー・ビュー)です。

見放題は月額料金だけで好きなだけ視聴ができます。
PPVは月額料金とは別に視聴作品ごとに料金が必要で、期間限定のレンタルです。

作品名22年目の告白
-私が殺人犯です-
公開日2017年6月10日
配給ワーナー・ブラザース映画
監督入江悠
脚本平田研也
主演藤原竜也
伊藤英明
hulu
U-NEXT○540円
dTV○標準432円/HD540円
ビデオパス
FOD
Paravi
ビデオマーケット○432円
Amazon
Netflix

2019年3月6日現在の情報です。
配信状況が変わっていることもありますので、最新情報は公式サイトでご確認ください。

『22年目の告白-私が殺人犯です-』の見どころと感想

あらすじ

22年前に5人が犠牲となった連続殺人事件が時効となった。
時効成立とともにその犯人”曾根崎雅人”という男が華々しく表舞台に登場し、告白を始めた。
しかしそれは新たな事件の始まりだった。

久々におもしろいサスペンスでした。

もともとは2012年に韓国で公開された『殺人の告白』という映画のリメイクです。
韓国版はアクション主体だったそうですが、本作は社会派ミステリーに大きく脚色されています。
企画から完成まで2年半をかけ、脚本は37稿を数えるまで練りに練ったということです。
ミステリーの謎解きもいい加減出尽くしたんじゃないかと思っていましたが、まだまだどんでん返しもできるもんなんですね。

伏線の張り方が上手な映画は見終わったあとにすぐに見直したくなりますが、この映画はまさにそうです。
2度めに観るときはまったく違う視点で見れますから2度楽しめます。

緻密なストーリーもさることながら役者さんたちの演技もとても熱がこもっており、非常にスリリングです。

-邦画

Copyright© ビデオオンデマンド倶楽部 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.