国内ドラマ

フジ月9ドラマ『コンフィデンスマンjp』の見逃し動画配信サービス

更新日:

『コンフィデンスマンjp』は2018年四月からフジテレビ月9枠で放送された長澤まさみさん主演のドラマです。

キャッチフレーズは

「目に見えるものが真実とは限らない。
金と欲望にまみれた汚れなき世界へ。」

人気脚本家の古沢良太さんによる脚本で、小日向文世さんと東出昌大さんが脇を固めています。

Offficial髭男dismの主題歌「ノーダウト」も話題になっています。

第9話のエンディングでサプライズ的に映画化が発表されました。

詐欺師のお話だっただけに「嘘じゃないのか!?」という声も上がりましたが、実際に撮影は完了しており2019年5月17日公開と発表されています。

 

『コンフィデンスマンjp』が配信されているビデオ・オン・デマンド(VOD)サービス

『コンフィデンスマンjp』の動画が配信されているビデオ・オン・デマンドには”FOD”と”dTV”の2つがあります。

が、dTVは作品ごとの都度課金になってしまうので費用が掛かってしまいます。

 

『コンフィデンスマンjp』を観るなら月額料金だけで全話見放題できるFODが最適です。



FODはフジテレビが運営するオンデマンドサービスです。

『コンフィデンスマンjp』はフジテレビのドラマなのでFODで配信されるのは当然ですよね。

月額888円で見放題になりますので、ドラマを観るにはかなり割安です。

 

『コンフィデンスマンjp』は最新作なのでレンタルショップで全話借りるとなると数千円かかってしまいます。

しかもレンタル期間も短いし貸し出し中になっていることも多いものです。

 

その点VODであれば好きな時に好きな場所で観れます。

 

31日間の無料トライアルができるので、完全無料で全話観ることも可能ですよ。

まずは無料おためしをどうぞ。

→FOD公式サイトはこちら

 

『コンフィデンスマンjp』の注目点

まず注目する点は古沢良太さんの脚本であること。

古沢良太さんと言えば 映画『ALWAYS 三丁目の夕日』で第29回日本アカデミー賞最優秀脚本賞を受賞。
その後『リーガルハイ』『デート~恋とはどんなものかしら~』といったテレビドラマや『エイプリルフールズ』『ミックス。』といった映画など話題作の脚本を手掛けている当代随一の脚本家です。

今回はリーガルハイのように破天荒な主人公による痛快エンタテインメントということなので面白さに期待がかかります。

 

そして主役のダー子を演じるのが長澤まさみさん。
『プロポーズ大作戦』以来11年ぶりに月9主演です。

 

『コンフィデンスマンjp』はジャンルでいえばコンゲームです。

コンゲームというのは詐欺師の物語のこと。
ダー子は天才的な頭脳の持ち主で高度な専門知識を短期間でマスターしてしまいます。
そうして奇想天外な詐欺計画をたてて強欲な金持ちからお金を奪っていくという話です。

脇を固めるのが小心者の「ボクちゃん」役の東出昌大さんとベテラン詐欺師「リチャード」役の小日向文世さん。

『コンフィデンスマンjp』は1話完結型のドラマです。
毎回大物のゲスト出演者が登場して、3人のターゲット(ドラマ内では「お魚」と呼ばれています)となる金の亡者を演じます。

第1話 江口洋介
第2話 吉瀬美智子
第3話 石黒賢
第4話 佐野史郎
第5話 かたせ梨乃
第6話 内村光良
第7話 竜雷太
第8話 りょう
第9話 小池徹平
最終話 佐藤隆太

系統的には『リーガル・ハイ』と同じです。
ダー子のハイテンションで早口、天才だけどどこか間抜け、型破りな方法で見事にミッションをクリアしていくというキャラはリーガルハイの古美門研介と同じです。

リーガルハイは現実の不条理をえぐるような鋭さが魅力でしたが、コンフィデンスマンjpにも「真実というのは視点によっていくらでも変わる」という世の中の真理を突くような面白さがあります。

古沢良太さんらしいぶっ飛んだ脚本と長澤まさみさんのはっちゃけた演技が話題となってネット上では絶賛の声も多く上がりました。

ただその一方で平均視聴率は8.9%とそれほど良いというわけでもなくつまらないという意見も目にします。

脚本・演出ともかなりクセの強いドラマだったのは確かなので、ハマった人とハマらなかった人の落差が大きかっったかも知れません。

私個人的には結構おもしろかったです。

-国内ドラマ
-, ,

Copyright© ビデオオンデマンド倶楽部 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.