アニメ 洋画

映画『バイオハザード』を見放題動画配信しているビデオ・オン・デマンドサービス

更新日:

「バイオハザード」はカプコンから発売されているゲームシリーズです。

1996年にプレイステーション用ゲームソフトとして発売されて以来、今でも新作が作られ続けている大人気ゲームです。

第三者視点でラジコンのようにプレイヤーを操作することでまるでホラー映画を観ているような恐怖を味わえるという斬新な発想で「サバイバルホラー」というゲームジャンルを切り開いた名作です。

『バイオハザード』は全世界で大ヒットとなり2018年6月30日現在シリーズ累計8400万本という驚異的な売上を記録しています。

ハリウッドの映画監督であるポール・W・S・アンダーソンは日本の映画・アニメ・ゲームが大好きで、「バイオハザード」をやりこんで「これを映画にしよう」と決意したそうです。

2002年に公開された映画『バイオハザード』(英語タイトル:Resident Evil)は大ヒット。
結局2016年公開の『バイオハザード ザ・ファイナル』で完結するまで合計6作が制作されるロングヒットシリーズになりました。

ハリウッド実写映画『バイオハザード』の成功を受けて「バイオハザード」の制作会社であるカプコンと配給会社であるソニー・ピクチャーズ エンタテインメントの間でフルCGによるアニメ映画制作の企画が持ち上がりました。

そうして2008年に公開されたのが『バイオハザード ディジェネレーション』です。

このフルCGアニメーション版『バイオハザード』も大きな反響を呼んで、現在3作品が発表されています。

映画『バイオハザード』を配信している動画配信サービス(ビデオ・オン・デマンド)一覧

『バイオハザード』を鑑賞できる動画配信サービスの一覧です。

hulu、U-NEXT、dTV、FOD、Paravi、ビデオマーケット(VM)、Amazonプライム・ビデオ、Netflixそれぞれ動画視聴可能なものに印をつけてあります。

◎は見放題、〇はPPV(ペイ・パー・ビュー)です。

見放題は月額料金だけで好きなだけ視聴ができます。
PPVは月額料金とは別に視聴作品ごとに料金が必要で、期間限定のレンタルです。

 映画映画映画映画映画映画
作品名バイオハザード
Resident Evil
バイオハザードII アポカリプス
Resident Evil: Apocalypse
バイオハザードIII
Resident Evil: Extinction
バイオハザードIVアフターライフ
Resident Evil: Afterlife
バイオハザードV
リトリビューション
Resident Evil: Retribution
バイオハザード: ザ・ファイナル
Resident Evil: The Final Chapter
公開日2002年8月31日2004年9月11日2007年11月3日2010年9月10日2012年9月14日2016年12月23日
配給アミューズピクチャーズソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント
監督ポール・W・S・アンダーソンアレクサンダー・ウィットラッセル・マルケイポール・W・S・アンダーソンポール・W・S・アンダーソンポール・W・S・アンダーソン
主演ミラ・ジョヴォヴィッチミラ・ジョヴォヴィッチミラ・ジョヴォヴィッチミラ・ジョヴォヴィッチミラ・ジョヴォヴィッチミラ・ジョヴォヴィッチ
hulu------
U-NEXT------
dTV〇標準324円/HD432円
ビデオパス○218円
FOD------
Paravi---○432円○432円○432円
ビデオマーケット〇324円〇324円〇324円〇324円〇324円○324円
Amazon〇199円〇199円〇199円〇199円〇199円○199円
Netflix-----
 CGアニメ映画CGアニメ映画CGアニメ映画
作品名バイオハザード
ディジェネレーション
Resident Evil: Degeneration
バイオハザード ダムネーション
Resident Evil: Damnation
バイオハザード: ヴェンデッタ
Biohazard: Vendetta
公開日2008年10月18日2012年10月27日2017年5月27日
配給ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントソニー・ピクチャーズ エンタテインメントKADOKAWA
監督神谷誠神谷誠辻本貴則
hulu---
U-NEXT---
dTV〇標準324円/HD432円
ビデオパス○378円
FOD---
Paravi-○432円○432円
ビデオマーケット○324円○324円○324円
Amazon○199円○199円○399円
Netflix---

2018年10月27日現在の情報です。
配信状況が変わっていることもありますので、最新情報は公式サイトでご確認ください。

『バイオハザード』の見どころと感想

私自身はそれほどゲームはしないんですが、バイオハザードははまりました。

プレイステーション版の初代『バイオハザード』と『バイオハザード2』はメチャクチャやり込みましたし、『バイオハザード3 LAST ESCAPE』まではやってましたね。

当時としては映像はリアルだし、謎がだんだん明らかになっていくサスペンスフルなストーリーも見事でしたが、なんと言っても操作性が癖になりました。

『バイオハザード』の第三者視点での操作というのははかなり斬新な動きでした。
それまではだいたい横に動いていくだけか上から俯瞰するかだったので最初はかなり戸惑ってうまく操作できなかったんですが、慣れてくると動かすのがとても楽しいのです。

このゲーム版バイオハザードの雰囲気をそっくりそのまま味わいたい人にオススメなのがCGアニメ版の『ディジェネレーション』『ダムネーション』『ヴェンデッタ』です。

そもそもゲーム自体がCGなのでCGアニメでゲームの世界を再現できるのは当然で、制作にもゲームの制作スタッフが関わっているのでバイオハザードの世界観が忠実に描かれています。

じゃあゲームをやっていない人にはつまらないかといえばそんなことはありません。
ストーリーもアクションの演出もとても良いのでゲームを全く知らない人でも純粋に映画として楽しめます。

ゾンビが出てくるのでホラーのイメージが強いバイオ・ハザードですが、アニメ版に関してはアクションとサスペンスの要素が強いので怖いというよりもハラハラドキドキして手に汗握りながらエンディングで謎が解けてスッキリするという展開です。

3作出ていますがそれぞれが完結しているので順番も気にせず観たいものを観たい時に鑑賞すればokです。

ハリウッド実写版の『バイオハザード』に関してはゲームとは全く別物のオリジナル作品だと思って良いです。

もちろん基本的な設定はゲームのとおりですが、ストーリーや世界観はゲームとは違っています。

逆にだからこそ映画『バイオハザード』は大成功を収めたんだと思うのです。

漫画や小説が原作の映画は原作に縛られすぎてしまって映画作品として凡庸になってしまいがちです。

監督のポール・W・S・アンダーソンは心底バイオハザードが好きで相当やりこんだそうです。
ゲームのバイオハザードに対する深い愛着があったから映画として表現するときにもその根源をぶらすことなく映画にふさわしい大胆な改変も行えたのでしょう。

主演のミラ・ジョボビッチもかなりのバイオハザードファンで映画のオファーに対してもとても情熱的で即決で主人公であるアリス役が決まったそうです。

ハリウッド版『バイオハザード』は基本的にミラ・ジョボビッチのアクション映画です。

ハリウッド映画には数多アクション映画がありますけど、よく考えたら大半は男性が主人公なんですよね。
『エイリアン』のシガニー・ウィーバーとか『チャーリーズ・エンジェル』とか数えるぐらいしか思いつきません。

『バイオハザード』でのミラ・ジョボビッチの男ばりの激しいアクションは当時としてはかなり斬新でした。

しかもミラ・ジョボビッチは本当にきれい!

ミラ・ジョボビッチのセクシーな姿だけでも観る価値大です。

-アニメ, 洋画

Copyright© ビデオオンデマンド倶楽部 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.